黒アクリルでラバスト風の仕上がり

「黒アクリル」のご注文に、イラストから主線を消した原稿を入稿いただくことで、「ラバーストラップ風」の仕上がりにすることが可能です。

原稿作成方法

基本的な作成方法は通常の原稿と変わりません。
イラストの主線をきれいに消去した後、枠線に収まるようにイラストを配置してください。
白版、カットラインは必ず指定してください

イラスト制作時の注意

塗りの輪郭については、ぼかしや半透明のない、輪郭のはっきりした状態で入稿いただくことをお勧めします。

輪郭のぼやけた状態の場合、弊社お任せで白版を作成する際に2~3px縮小して設定します。
その際、塗りの範囲が狭く、主線の広がった仕上がりとなります。

また、カットラインについても、弊社お任せの場合はイラストに沿ってカットします。
デザイン上、アクリルを残す必要があった場合でも、弊社で対応することはありません

いずれも仕上がりに影響する内容となりますので、白版・カットラインともにご自身で指定して入稿してください

主線部分にわずかでも色が残っていると、印刷が行われ主線が潰れることになります。
完全に透過した状態になるように調整してください。
また、主線を消した後に拡大・縮小を行うと、中間色が生成されぼかしが入ります。
印刷サイズと等倍の状態で制作することをお勧めします。